節税対策

2015年11月20日 金曜日

初めてのマイナンバー

 最近、何かと話題のマイナンバー。でもこれっていつ使うの?という方も多いかもしれません。実は、年明け早々に必要となる場面があります。



 それが、償却資産税の申告。申告期限は、平成28年2月1日となります。事業用資産をお持ちの方が対象ではありますが、おそらくマイナンバーを記載する初めての申告書類になるのではないでしょうか。



 ちなみに法人の番号はネットでも確認できますが、個人の番号はそうもいきません。個人事業を営んでいる方は、番号の紛失にお気を付け下さい。



川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所 北原大輔

投稿者 川庄会計グループ | 記事URL

2015年11月16日 月曜日

年末調整で間違えやすいところ

 年末調整の時期が近付いてきております。

 そこで扶養控除申告書等を書き始める方が出てきているかと思いますが、間違えやすいところについて一つご紹介致します。

 年末調整をする際には、扶養控除申告書などを見て計算を行いますが、寡婦控除に該当する方でも、その旨を記入していない方をよく見かけます。

 寡婦控除とは、夫と死別もしくは離婚等をし、扶養親族がいる場合に適用され、所得控除額は27万円もしくは35万円となります。
 そのため、寡婦控除に該当するにも関わらず適用していない場合、必要以上の税金を支払うことになるわけです(住民税にも影響します)。

 扶養控除申告書の記載欄も小さく、また、「寡婦」と普段聞きなれない言葉ですので、記入漏れが多いのかと思いますが、今一度該当するかどうか、確認されてみてはいかがでしょうか。

 なお、適用にあたっては、所得要件等いくつかの要件を満たす必要がありますのでご注意下さい。


川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所 田辺 和希

投稿者 川庄会計グループ | 記事URL

2015年11月 5日 木曜日

個人事業者が廃業した場合の事業用資産に関する消費税法の留意点

 今回は、廃業した場合の消費税の留意点をご説明したいと思います。日頃から扱う処理ではないので、よく注意する必要があります。

 消費税を課税するためは、資産の譲渡や貸付け、または役務の提供に「対価性がある」ことが必要だとされています。

 具体例を挙げて考えてみます。個人商店主Aさんが、店頭に置いているジュースを消費者Bさんに対して100円で販売としましょう。ここでは消費税が8円課税されます。いつもの話ですね。

 ここでは、ジュースを譲渡する代わりに、100円というお金が渡されていますから、ジュースの販売(すなわち、資産の譲渡)には100円という「対価性がある」ということになります。

 それでは、上記のジュースを無料でもらった場合はどうでしょうか?「対価性がある」と言えるでしょうか?

 答えは、当然、「対価性がある」とは言えません。個人商店主Aさんはジュースという資産を譲渡していますが、その代わりに何かを得ているわけではないからです。そのため、このジュースを無料であげるという行為に対して、消費税は課されないということになります。

 「対価性がある」場合にしか課税しない。これが消費税の原則です。しかし、この原則には例外があります。消費税法4条4項には次のように書いてあります。

 「個人事業者が棚卸資産又は棚卸資産以外の資産で事業の用に供していたものを家事のために消費し、又は使用した場合における当該消費又は使用」は、事業として「対価を得て」行われた資産の譲渡とみなす。

 通達では、個人事業者が廃業した場合は、この規定を適用するとしています。事業を廃止したら、残った棚卸資産等の事業用資産は家事のために消費するか、使用する他ないのだから、上記のみなし規定を適用するという考え方でしょうか。

 廃業となると、身辺整理のために事業用資産を売却するか除却するケースが多いかもしれません。ところが、事業用資産を保有したまま廃業すると上記の規定が適用される可能性がありますので、ご留意ください。

川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所 谷川敏明

投稿者 川庄会計グループ | 記事URL

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
セミナー案内 セミナー参加者の声
各種お申込み お問い合わせ