セミナー参加者の声

2013年12月25日 水曜日

「人事労務に必要なコーチング術」を開催しました

image1 image2

12月13日(金)に経営者・経営幹部・人事労務担当者の方を対象に「人事労務に必要なコーチング術」セミナーを開催しました。

コーチング講師として全国各地で実績を上げていらっしゃる、大部美知子先生をお呼びしました。大部先生は、大手食品会社をはじめとする多数の企業や全国の医療機関でセミナーを実施しておられ、『従業員の定着率が上昇した』『業務効率が上がり、業績が上がった』『クレーム件数が減少した』・・・等々、「受けると必ず結果が出る」と定評のある大人気の講師です。
 今回もロールプレイ・ディスカッションを多く取り入れた、実務に活かせる内容で、受講いただいた皆様からも大変好評をいただき、社内研修として導入検討のご依頼も頂いています!

終了後には
■普段のコミュニケーション方法と全く異なる手法であることを実感した。質問の技術はぜひ試してみたい。
■部下だけでなく、子育てにも通ずる考え方だと思います。
■「他人と過去は変えられない」という言葉、「部下ができないのは、自分が教え方が間違っているのだ」という考え方を教わり、逆に考えれば「自分の教え方(コミュニケーションの取り方)を変えれば、部下はできるようになる」と考えられるようになりました。ありがとうございました。
・・・等のお声を頂戴しました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

株式会社KS人事研究所では、人事・労務に役立つ各種セミナーを随時開催しています。是非HPもご覧下さい。
↓↓↓↓↓
http://www.ksj-k.co.jp/180/

川庄会計グループ ㈱KS人事研究所 野中 佐知子


 

投稿者 川庄公認会計士事務所 | 記事URL

2013年12月20日 金曜日

経営計画・行動計画の策定方法がわかるセミナー「戦略マネジメントゲーム」を開催しました。5/5

image1 image2

第3期は、作成した経営計画書・行動計画書に基づいた戦略的な経営をしていただきます。

売上単価・売上客数・設備投資・人材投資などの数値計画と、それを達成するための戦略が、行動計画書で明確になっているため、第2期目に比べて格段に結果が良くなります。この体験をもとに、参加者のみなさんの会社やそれぞれの役割に置き換えて考えて実行していただけるよう、考えていただきます。

セミナーのまとめでは、参加者のみなさんに、具体的に会社の利益をアップさせるためには、何ができるのか、何をする必要があるのか、「努力の方法」を考えていただきます。配布されるシートを使い「利益をアップさせるための4象限」に当てはめて考えていくことにより、よりはっきりと見えてきます。

セミナー講師から一言
戦略MGは、経営シミュレーションゲームですので、結果として数字で勝ち負けがはっきりします。「人・物・金のバランス」と、ライバルが出現したときに、どう対応して経営していくのか。ライバルとうまく付き合うことができれば良いのですが、最悪の場合お互いが首を絞めあうという場合もあります。実際の現場では、経営環境の変化に合わせて合理的に経営しなければなりません。この戦略MGを受講していただくことによりその対応の方法が見えてきます。

「戦略MG」は、福岡市内だけではなく、大分、宮崎、佐賀、長崎など、九州各地からも受講していただいております。

川庄会計グループ、川庄公認会計士事務所では、経営計画書・行動計画書の作成、経営改善・経営支援のお手伝いをしております。

<今後の「戦略マネジメントゲーム」の開催日程>
平成26年 2月 6日 午前9時30分から午後6時まで。
平成26年 4月 8日       〃

詳しくはこちら
↓↓↓↓↓
http://www.kawa-sho.co.jp/semi/mg/

フェイスブックにて、セミナー写真を投稿配信しております。
↓↓↓↓↓
https://www.facebook.com/mgfukuoka

川庄公認会計士事務所 河野 徹


 

投稿者 川庄公認会計士事務所 | 記事URL

2013年12月19日 木曜日

経営戦略立案の必要性を理解できる経営セミナー「戦略MG」を開催しました。4/5

image1 image2

経営計画を立案することにより売上目標などの数値が明確になります。しかし、ただそれだけでは「絵に描いた餅」状態になることが多々あります。それは、具体的な行動計画がないためです。

この「戦略マネジメントゲーム」では、経営計画書と平行して行動計画書も作成していただきます。この行動計画を立案することにより、具体的に、誰が、何をどのタイミングで行う必要があるのか、明確にしていただきます。つまり経営戦略の立案をすることが重要です。

具体的に行動計画とは、人であれば、それぞれの部署で人員が不足すれば採用活動を行い適任者を雇い入れます。部署間の配置転換が可能であれば、人事異動を行い。キャリアアップが必要であれば社員教育を行うなど、タイムスケジュールも含めた行動計画を策定します。

セミナー講師から一言
会社が継続していくためには、利益を出し続けることが必要です。利益を出し続けるためには、利益がどのように生み出されていくのか、その流れを理解する必要があります。
実際の現場では、どのような努力が必要なのか、この戦略マネジメントゲームを受講していただくことにより、その努力の方法(利益をアップさせるための4象限)がわかります。

「戦略マネジメントゲーム」は、福岡・北九州地区だけではなく、長崎、佐賀、大分、宮崎など、九州各地からも受講していただいております。

川庄会計グループ、川庄公認会計士事務所では、経営計画の立案や、経営改善・経営支援のお手伝いをしております。

YouTubeにて、セミナーを動画配信しております。
↓↓↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=8a_8MFRc418

<今後の「戦略マネジメントゲーム」の開催日程>
平成26年 2月 6日 午前9時30分から午後6時まで。
平成26年 4月 8日       〃

詳しくはこちら
↓↓↓↓↓
http://www.kawa-sho.co.jp/semi/mg/

フェイスブックにて、セミナー写真を投稿配信しております。
↓↓↓↓↓
https://www.facebook.com/mgfukuoka

川庄公認会計士事務所 河野 徹


 

投稿者 川庄公認会計士事務所 | 記事URL

2013年12月18日 水曜日

リーダー育成(経営幹部育成)のための経営セミナー「戦略MG」を開催しました。3/5

image1 image2

創業期と第2期目を体験していただくと、「思っているようにお客様を獲得できない。」「資金繰りが苦しい。」など、なかなか利益を出すことができません。場合によっては、手元の自己資本(資本金)は底をつき、借入金などの他人資本を受け入れる必要が出てきます。

頭の中では、シミュレーションができているけど、その通りに行動ができず数字がついてこないことが多々あります。

そこで第2期終了後、どうすれば、利益が出る会社になるのか、資金繰りに苦しまないのか、必要利益から逆算をして限界利益(粗利益)を計算し、どこのマーケットでどのくらい販売をすればよいのか具体的な数字を把握するため、経営計画書を作成していただきます。

経営計画書の作成は、電卓を使って、すべて手書きで行っていきます。
管理会計では、経費は、変動費と固定費に分けられます。変動費は、売上と共に変化し発生する経費。固定費は、売上とは関係なく発生する経費とされています。その「固定費と必要利益を合わせた金額」を、「売上から変動費を差し引いた金額」でまかなえる組み立てにしていきます。

そして、数値の計画だけではなく、その数値を達成するためには、どういう手順で行動するかを具体的に決めた行動計画を立て、それを行動計画書に記載します。

「戦略MG」は、福岡市近郊だけではなく、九州各地からも受講していただいております。

川庄会計グループ、川庄公認会計士事務所では、戦略マネジメントゲームを通じて、経営改善・経営支援のお手伝いをしております。

ユーチューブにて、セミナーを動画配信しております。
↓↓↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=0xfBJwurIqk

<今後の「戦略マネジメントゲーム」の開催日程>
平成26年 2月 6日 午前9時30分から午後6時まで。
平成26年 4月 8日       〃

詳しくはこちら
↓↓↓↓↓
http://www.kawa-sho.co.jp/semi/mg/

フェイスブックにて、セミナー写真を投稿配信しております。
↓↓↓↓↓
https://www.facebook.com/mgfukuoka

川庄公認会計士事務所 河野 徹


投稿者 川庄公認会計士事務所 | 記事URL

2013年12月17日 火曜日

利益が出る仕組みが理解できる「戦略マネジメントゲーム」を開催しました。2/5

image1 image2

まずは創業期(第1期)を体験していただきます。
創業期は、自己資本(資本金)の範囲内で経営をします。
設備投資や人材投資など、会社の基礎固めを行うため資金は出ていくばかりです。資金はすぐに枯渇していくため、早く販売をして資金を回収していかなくては、自己資本(資本金)は、あっという間になくなります。
そのためには、顧客の獲得(売上)が必要になってきます。

同業他社との顧客獲得競争に勝つためには、どのような戦略・戦術が必要なのか。他社を分析しながら、設備投資・人材投資など考えて会社経営をしていかなくてはなりません。

また、「戦略マネジメントゲーム」は、お金の流れを理解していただくために、取引をすべて手書き・手計算で現金出納帳に記載します。取引をその都度現金出納帳に記載することで、現金の残高がいくらになっているのか理解しながら会社経営を疑似体験することができます。

(参加者の声)
時間との勝負、駆け引きもあり、思ったとおりにいかなかったが、とても参考になり、勉強になりました。(福岡市不動産業 T様)

「戦略マネジメントゲーム」は、福岡・北九州地区だけではなく、佐賀、長崎、大分、宮崎など、九州各地からも受講していただいております。

川庄会計グループ、川庄公認会計士事務所では、戦略マネジメントゲームを通じて、経営改善・経営支援のお手伝いをしております。

ユーチューブにて、セミナーを動画配信しております。
↓↓↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=0Yw4InZt4ts

<今後の「戦略マネジメントゲーム」の開催日程>
平成26年 2月 6日 午前9時30分から午後6時まで。
平成26年 4月 8日       〃

詳しくはこちら
↓↓↓↓↓
http://www.kawa-sho.co.jp/semi/mg/

川庄公認会計士事務所 河野 徹

 


 

投稿者 川庄公認会計士事務所 | 記事URL

カレンダー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
セミナー案内 セミナー参加者の声
各種お申込み お問い合わせ