節税対策

2019年12月18日 水曜日

お酒の税金の話

冬は忘年会に新年会など、いつもよりもお酒を飲む機会も多いと思います。
お酒は軽減税率の対象外ですから、消費税も10%になり、お酒好きの方にとって痛いところですが、お酒にかかっている酒税についてお話していきたいと思います。

酒税は小売価格に含まれているため実感しづらい税金です。
そして、お酒の種類(4種類に分類)によって税率が異なり、1キロリットルあたりで税率が設定されています。

発泡性酒類(ビールなど)・・・220,000円(1キロリットルあたり)
醸造酒類(清酒など)・・・140,000円(〃)
蒸留酒類(ウイスキー、焼酎など)・・・21度以上21度未満 200,000円(〃)
                   20度を超えると1度ごとに10,000円加算
混成酒類(合成清酒など)・・・21度以上21度未満 220,000円(〃)
               20度を超えると1度ごとに11,000円加算

ビールは税金が高い!!と言われるのは、この税率の単位によるところが大きいのです。
消費税まで含めると、おおよそ4割以上が税金になります。
発泡性種類の中でも、麦芽比率やアルコール度数によっても税率が異なり、麦芽を使わない発泡性酒類(新ジャンルのビールと呼ばれているものを含む)は1キロリットルあたり80,000円と、ビールと比較してかなり低い税率になっています。
これが、ビールと発泡酒や新ジャンルのビールの小売価格の違いに大きく影響しています。

しかし、2017年の税制改正で2026年にはビール類の酒税が350mlあたり54.24円に統一されることが決まり、2020年から段階的に実施されていくことになっています。
現在、350mlあたり77円のビールからみれば減税、28円の新ジャンルのビールからみると増税になります。
ちなみに海外に目を向けると、ビールの小売価格に占める税金の割合はドイツ20.4%、フランス22.7%、アメリカ14.3%と、日本のビールの税金の高さは群を抜いています。
お酒の種類でいくと、清酒やウイスキーの税金の割合はおおよそ2割程度です。

お酒はおいしく楽しく。
飲みすぎにはご注意くださいませ。


川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所 植木


投稿者 川庄会計グループ

カレンダー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
セミナー案内 セミナー参加者の声
各種お申込み お問い合わせ