節税対策

2016年10月28日 金曜日

扶養控除申告書の再提出とマイナンバー

 平成27年10月から開始されたマイナンバー制度。
多くの場合は、29年中に提出する28年分の申告書等から、マイナンバーを記載することになります。

 しかし、扶養控除(異動)申告書については、平成28年1月以後に提出するものには原則としてマイナンバーの記載が必要です。
そのため、平成28年中に結婚や出産等で同申告書を再提出する場合、その申告書はマイナンバーの記載対象に該当します。

 原則とあるのは、給与支払者との合意に基づき、従業員が同申告書の余白に「マイナンバー(個人番号)については給与支払者に提供済みのマイナンバー(個人番号)と相違ない」という旨を記載し、給与支払者の確認が済めば、特例として同申告書に係るマイナンバーの記載を省略することができます。

 間もなく、年末調整の作業が本格化することと思います。
ご不明点がございましたら、担当者までご相談ください。



川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所 南瑞穂



投稿者 川庄会計グループ

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
セミナー案内 セミナー参加者の声
各種お申込み お問い合わせ