節税対策

2015年6月 1日 月曜日

ご存知ですか?増加償却

24時間フル稼働している機械は、1日8時間しか動かさない機械よりも損耗が激しいですよね。

このような機械は、通常の機械よりも減価償却費を増やして、償却期間を短くして、短期間で投資の回収を図ることができます。

その方法が「増加償却」です。

増加償却は、通常の償却費に「増加償却費」を加算するものです。

増加償却費は、通常の償却費に「増加償却割合」を乗じて計算します。

増加償却割合は、1日当りの「超過」使用時間×3.5/100で計算します。

1日当りの「超過」使用時間は、「自己の機械の実稼働時間-平均稼働時間」で計算します。

平均稼働時間は、国税庁が定める「耐用年数の適用等に関する取扱通達の付表5」に記載されていますが、ほとんどの機械は1日8時間となっています。

また、自己の機械が休日稼働していれば、その稼働時間は「すべて」超過使用時間に含めます。

この増加償却割合が10%以上であれば、増加償却が適用できます。

(その他諸要件がありますが、ここでは割愛します)

例えば、1日当たりの超過使用時間が5時間、通常の減価償却費が500万であれば、増加償却費はおよそ87万円です。

また、増加償却には次のような特徴もあります。

① 届出書の提出のみでOK(国等の事前承認は一切不要)

② 圧縮記帳や特別償却など、他の優遇規定とも併用可能

③ 現金支出を伴わないため、決算日以降の利益圧縮が可能

製造業においては、製造リードタイム短縮、つまり納期の短縮は永遠の経営テーマですよね。

そのため、3交替で24時間、機械をフル稼働させているなどの事例も多いと思います。

該当する可能性があれば、一度ご検討されてはいかがですか?

川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所  藤川 剛士



投稿者 川庄会計グループ

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
セミナー案内 セミナー参加者の声
各種お申込み お問い合わせ