節税対策

2015年1月24日 土曜日

世帯分離のメリット・デメリット

世帯分離とは

 世帯分離とは、文字通り、今ある世帯を分割して複数の世帯にすることです。

 ここでいうところの世帯とは、単に同じ建物に住んでいるということではなく、

 住民票上の構成員ということです。

※「世帯」の定義は、一般的には「生計が一」かどうかと考えられます。

世帯分離によるメリット(負担軽減)

 ・介護サービス利用料(入所施設の食費・居住費含む)

 ・介護保険料窓口負担分

 ・国民健康保険料

 介護サービス利用料・介護保険は、それぞれ世帯の所得金額により負担額に上限が定められています。(第1段階~第4段階)そのため、利用者を単独世帯とし、世帯をわけることで、全体の負担が軽減する場合があります。

 国民健康保険料についても、世帯の所得金額が低い場合は、2割~7割の減額制度が適用されるので、負担が軽減する場合があります。

世帯分離によるデメリット

 ・国民健康保険料

・サラリーマンなどの扶養手当(個々のルールによりますが)

介護サービス利用者の所得が高い場合は、世帯主それぞれが国保に加入することになるので、負担増になる場合があります。

手続きは、各自治体の「転入転出など住民票の異動に関する届出を担当する窓口」に申し出ることで可能です。利用する場合は、メリット・デメリットを考えましょう。

 

川庄会計グループ 川庄公認会計士事務所 井本
 



投稿者 川庄会計グループ

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
セミナー案内 セミナー参加者の声
各種お申込み お問い合わせ