相続・事業承継コラム

2014年10月 1日 水曜日

相続人と相続分(6/27)6.相続人の廃除とは?

相続欠格は法律上相続人になれないケースですが、相続人の廃除は被相続人の意思によって相続権を奪うものです。

廃除できるのは、「被相続人に対し、虐待をしたり重大な侮辱を加えたとき、もしくはその他の著しい非行があったとき」に限定されます。

被相続人は家庭裁判所へ申し立てるか、遺言でその意思表示をすることができます。

廃除の審判が確定すれば、相続人は相続権を失います。

相続・事業承継に関するお問い合わせはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
福岡相続相談センター http://www.fukuoka-souzoku.com/

川庄会計グループ 福岡相続相談センター 宮原 洋史


投稿者 川庄会計グループ

セミナー案内 セミナー参加者の声
各種お申込み お問い合わせ