相続・事業承継コラム

2014年10月 8日 水曜日

相続人と相続分(9/27) 配偶者を相続人から廃除できるか

遺留分を有する推定相続人については、廃除の請求ができるので配偶者でも
廃除の対象になります。

もちろん離婚すれば相続権はなくなりますが、急な場合や子供の為に離婚した
くない場合などは廃除請求すればよいのです。

相続・事業承継に関するお問い合わせはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
福岡相続相談センター http://www.fukuoka-souzoku.com/

川庄会計グループ 福岡相続相談センター 宮原 洋史


投稿者 川庄会計グループ

セミナー案内 セミナー参加者の声
各種お申込み お問い合わせ