相続・事業承継コラム

2014年10月29日 水曜日

相続人と相続分(19/27) 相続放棄の取消しはできるのか

相続放棄は、ひとたび家庭裁判所に受理されると、たとえ3ヶ月以内であっても取消し(撤回)はできません。

家庭裁判所へ申述した段階(受理前)であれば撤回することは可能です。

また、以下の事由により取消しができる場合があります。

①未成年者が法定代理人の同意なしに単独でした場合

②成年被後見人がした場合

③被保佐人(被補助人)が保佐人(補助人)の同意を得ないでした場合

④詐欺または強迫によりした場合

なお、この取消権は追認できるときから6ヶ月を経過したとき、また放棄のときから10年を経過したときはできません。

相続・事業承継に関するお問い合わせはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
福岡相続相談センター http://www.fukuoka-souzoku.com/

川庄会計グループ 福岡相続相談センター 宮原 洋史


投稿者 川庄会計グループ

セミナー案内 セミナー参加者の声
各種お申込み お問い合わせ