節税対策

2014年8月25日 月曜日

スポーツ選手と税金

この夏ブラジルW杯が開催されました。
残念ながら、日本代表はグループリーグ敗退という結果で
終わってしまいましたが、ここで、スポーツ選手の税金ってどうなってるの?
と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本稿では、サッカー選手を例に挙げ、基本的な仕組みを考察していきます。

まずサッカー選手は、サラリーマンに該当するのでしょうか。
いいえ、個人事業主に該当します。そのため開業届の提出と確定申告が
必要になります。さらに、収入(課税売上高)が1000万円超の場合には
消費税の納税義務者にもなるのです。

クラブからの報酬は10.21%の源泉所得税(報酬が100万円超の場合には、
100万円を超える部分に対して20.42%の源泉所得税)が差し引かれて
支払いがなされます。サッカー選手の収入には、クラブから支払われる報酬
の他に、スポンサーからの契約金、メディアへの出演料、本の原稿料等
が挙げられます。

これらの収入から必要経費を差し引いて所得を計算します。
必要経費に該当するものとして、スパイクシューズ等のサッカー用品の他、
スポーツトレーナーの人件費、マネージメント会社へのフィー、交通費、
事業関係者との会食費、その他事業に関係する経費等が挙げられます。

所得計算後、所得控除を加味し、課税所得から税額を出します。
所得税は皆様ご存じのとおり、所得が大きいほど高い税率が課されますので、
所得の高い選手は、所得の約半分を税金として支払っています。

スポーツ選手は収入が不安定な上に、高額な税金を支払う可能性があります。
最高のパフォーマンスには、技術も必要ですが、精神的な安定も必要です。
引退後の長い人生のことも考え、早いうちからライフプランを練ることが
最高のパフォーマンスに繋がるのでしょう。


川庄グループ 川庄公認会計士事務所 須々美 宏季



投稿者 川庄会計グループ

カレンダー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
セミナー案内 セミナー参加者の声
各種お申込み お問い合わせ